facebook
We tested 3 popular VPNs: Hotspot Shield, PureVPN, and Zenmate with accredited researchers to find if the VPNs could leak data. While we hoped to find zero leaks, we regretfully found that all of them leak sensitive data. On the positive side, after we contacted the VPN vendors, we saw that two were fast to respond...
facebook
目次 はじめに 携帯電話とアプリ コンテンツのストリーミングとスマートテレビ ゲーム機とオンラインゲーム ソーシャルメディア ネットいじめ プライバシーと情報セキュリティー ネットで不適切なコンテンツを閲覧すること ネットの性犯罪者 まとめ はじめに 最近、ネットに接続できる電子機器が私たちの生活へどのような影響を及ぼしているかに関するニュースを頻繁に目にします。実際に電子機器があなたにどんな影響を及ぼしているか考えたことがあることでしょう。しかし、子供たちへの影響に関して考えたことはありますか? 母親の85%が子供の遊び相手としてタブレット端末などの技術を利用していると回答しています。 子供たちがインターネット機能のある端末を手に入れる年齢は低くなり続けています。同じ調査によると、アメリカの家庭の83%がタブレット端末を、77%がスマートフォンを所有しているということが分かりました。 学校でさえもこのような事態は頻繁に見られます。先生たちはインターネットで調査する必要があるような宿題を課し、宿題の管理をするためのツールやアプリを提案しています。 このような技術は日々進歩し、今後も衰退することはないでしょう。しかし、サイバーセキュリティーの観点からリスクを考慮する人はあまりいません。最近の調査では驚くべき結果が見られました。保護者のうち68%が子供がインターネットでどのようなことをしているか一切確認していないのです。年々、インターネットでの活動時間は増えているにもかかわらずです。 多くの子供にとってインターネットの世界は現実世界よりも現実味があります。子供の健康を守るためには、子供がネットでどのようなものを見ているのか、どのようなものを見られるのか、いいものも悪いものも含めて理解する必要があり、身体的、精神的にどのような影響をもたらすのか知っている必要があります。 多くの人が自覚しているでしょうが、問題は私たち自身がネットの世界をあまり理解していないことです。インスタグラム、スナップチャット、そしてツイッターの世界でさえもよくわからないのに、4チャンやTORなどは全く分からないことでしょう。さらに、この複雑な世界を探求する自信がないという人もいると思います。 幸運なことに、子供をネット上で保護するために対策を施すのはそれほど難しくありません。それよりも子供を保護するために重要なのは本人との対話です。ネットで何にアクセスしていいのか悪いのかはっきりさせることが重要です。さらに、子供が間違いを犯したり、やりすぎたりした場合にはサポートしてあげることが必要です。これは育児の基本だと思いませんか? この詳しいガイドでは複雑なネットの世界をナビゲーションする際に注意したい8つのエリアをご説明します。子供の年齢によってはあなたとは関係ないこともあるかもしれません。今のところ関係なくても子供が成長するにつれて何に注意すべきかというガイドラインとしてもご利用ください。 1. 携帯電話とアプリ インフルエンス・カウンシルによる消費者調査によると、子供がスマートフォンを手に入れる平均年齢は10歳だそうです。子供にスマートフォンを持たせるのには多くのメリットがあります。電話は素晴らしい安全設備です。目的地に安全に到着したことを伝えるために利用できるほか、迎えに来るよう連絡したり、緊急の時に連絡することもできます。さらに、GPSを使って現在地を知らせることもできます。親としてはいつでも子供と連絡が取れるということは非常に安心でしょう。 しかしスマートフォンは取り扱いを間違えることもあり、子供を危険にさらす場合もあります。スマートフォンは個人的な端末なので子供がどのようなことに利用しているのか分からない場合がほとんどです。 子供にスマートフォンを与えることを検討している人は、はっきりとガイドラインを設定して皆がそれをよく守るのがいいでしょう。すでに子供がスマートフォンを使っている人でも、今から家族のルールを確認するのがいいですね。スマートフォンを所有するのは大きな責任だということを理解させる必要があります。 安全にスマートフォンを導入するために注意すべきことは以下のようなものです: スマートフォンを子供に渡す前に、独自の契約に著名させる。電話に関するルールの一覧を印刷して、家庭内の頻繁に目にするところに張りましょう。 ペアレンタルコントロールをダウンロードしましょう。子供向けのこのようなアプリで使用量、現在地の把握、通話やメッセージの監視などが可能です。さらに、時間によって機能を無効にすることもできます。例えば運転中にメッセージ機能を無効にするなどです。 毎日どれくらいスマートフォンを利用できるか、さらにその時間帯も制限しましょう。 子供にしてほしいようにお手本になりましょう。食事中にスマートフォンの利用を控えたり、運転中にメッセージを送るのはやめましょう。 家庭の中心に充電ステーションを設けましょう。スマートフォンは子供の部屋に持ち込まないようにし、深夜の利用はやめましょう。 2. コンテンツのストリーミングとスマートテレビ 家族と集まって仲良くテレビを見た時のことを懐かしく思いたいという人がいるかもしれません。実際はそれぞれの部屋にテレビがあり、両親からの指示なく何時間もテレビを見ていたという人が多いでしょう。 現在、コンテンツのストリーミングの人気は爆発的に拡大し、今までにないような規模でテレビ番組や映画が見られるようになっています。その多くは子供にふさわしくない内容です。 しかし、ストリーミングサービスには素晴らしいメリットもあります。多くは教育的な番組やドキュメンタリーを提供しています。ほとんどは全く広告を表示しないため、通常のテレビを見ているように洗脳されることもありません。コンテンツをストリーミングすることで子供の世界が広がります。どのように利用するかが重要になります。 主なストリーミングコンテンツプロバイダのほとんどはペアレンタルコントロールを提供しています。充実しているものもあれば、そうでもない場合もありますが。ネットフリックスはあなたと子供を区別してプロフィールを設定できるようにしています。 このようなツールを使えば子供が年齢にふさわしいコンテンツのみにアクセスできるようになります。ネットフリックスの子供メニューは通常のメニューと異なる色で表示されているため、彼らにアクセスが許可されているコンテンツのみにアクセスしていることを確認できます。しかしそれでも子供があなたのプロフィールを利用できないというわけではないので注意が必要です。 iTunesとアップルテレビは子供が見てもいいようなコンテンツの評価レベルを設定できるようにしています。それに対してアマゾンプライムはペアレンタルコントロール機能がないので、アカウントからログインしてパスワードを教えないことが大切です。 頻繁に子供がどのようなコンテンツを見ているのかについての対話することが重要です。以上のようなツールはそのような対話があってこそうまくいくものなのです。 3. ゲーム機とオンラインゲーム NPDグループによると2歳から17歳のアメリカの子供の91%がテレビゲームで遊んでいるそうです。多くの親はゲームを懸念し、恐怖心を抱いています。多くのゲームは暴力的、性的な要素があるため、あなたの子供がどのようなゲームで遊んでいるのか注意する必要があります。 さらに、機械を必要とするゲームは複数のプレーヤーで遊ぶ部分があったり、すべてネット上で遊ぶ形式のものもあり、他のプレーヤーからの暴言を浴びせられる可能性があります。多くのゲームは世界中のプレーヤーと会話できるようになっており、ネットいじめや嫌がらせなどの被害を受ける可能性があります。さらに子供は他のプレーヤーを関係を深めることもあり、個人情報を教えてしまう可能性があります。 ゲームはいろいろな能力を高める素晴らしい方法でもあります。問題解決能力を高めたり、長期的な目的を果たすことを学習したり、チームの一員となって活動するということもできるようになります。さらに、家族の絆を深める方法にもなります。幸運なことに、ゲーム機はペアレンタルコントロールをしっかり提供しているので子供がどのようなプレーをしているのか監視することができます。 4. ソーシャルメディア 形式は変わりましたが、親たちは子供のテレビ番組やテレビゲームについて長年心配してきました。それに対してソーシャルメディアは新しい心配のもとです。 ソーシャルメディアの利用はアメリカの思春期の子供の間では一般的に利用されています。そのうち71%は1つ以上のソーシャルメディアプラットホームを利用しています。最近の子供はソーシャルメディアを長時間利用しています。非営利組織コモンセンスメディアによるアンケートによると8歳から12歳の子供は1日に6時間ネットを利用しており、そのほとんどがソーシャルメディアを利用していました。13歳から18歳の子供は9時間も使用していました! ハーバード大学の最近の研究によると、ほとんどのソーシャルメディアプラットホームはユーザー登録するためには13歳以上である必要があるという制限がありますが、親の68%が幼い子供が登録できるように手助けしたそうです。 ソーシャルメディアは思春期やそれより年齢の低い子供が特に依存しやすいものです。さらに、ネットいじめ、ふさわしくない情報の共有、他人との会話などの問題が発生するきっかけにもなります。これについては以下で詳しく解説します。 ソーシャルメディアへのアクセスは思春期の子供は社会的なアイデンティティーを形成する際に重要なものでもあります。友達とつながる方法であり、交流するために適した方法でもあります。そのカギは制限を設けて、快適に利用できるようにすることです。 5. ネットいじめ 私たちの子供はネットの世界に移行しています。残念ながら、いじめもネットの世界に移行しているのです。 ネットいじめは頻繁にニュースで取り上げられ、思春期の子供がネットいじめのため、自殺に追いやられる報告も頻繁にあります。 ネットいじめは以上で紹介した全てのプラットホームで発生します。その方法も様々です。ソーシャルメディア、メッセージ、メールでうわさを流したり、脅迫メッセージを送ったり、他の子供になりすましてプライベートなものを公開したり、許可なく個人的な写真を公開したり、他の子供を辱め、品位を下げる目的でネットに投稿するという行為が多くあります。 ネットいじめが特に悪質なのは世間一般に公開されるからです。従来的ないじめは学校内で数人の友達に見られるだけでした。しかし今は子供の最もプライベートな情報がインターネット中に公開され、報告されて撤回されるまで永久に残るのです。 ネットいじめは被害者のネットでの評判に悪影響を及ぼすだけでなく、加害者にも影響があります。大学への進学や就職など子供たちの将来にも大きな影響を及ぼします。...
facebook
Using the same password for all your online activity puts you at serious risk of hackers getting their hands on your sensitive data. Even a strong password won’t help you if you use it for multiple accounts. We’ve compiled a list of the top ten password managers that will keep your passwords safe and never compromise your...
facebook
There’s big news, not all of it good, for fans of the popular  VPN service. Online security giant McAfee purchased the Canadian based company for an undisclosed sum. McAfee plans on integrating TunnelBear with their Safe Connect VPN. According to McAfee CEO Christopher Young, “this acquisition will serve both our end users and partners by...
facebook
Have you ever wondered why you have an iPhone, but your friend will only use an Android, or vice versa? It’s more than just which one has the prettier box or better ads. According to multiple studies, the smartphone you choose reveals a lot about your personality, which draws certain people to pick one over...
facebook
Are you one of the millions of loyal Google Chrome users? Yes, Google Chrome is the most popular web browser, but you should know: it’s not invincible when it comes to security. Chrome acts as the gateway between you and the internet—essentially exposing you to online vulnerabilities and security threats. Your browser also continuously collects information...
facebook
There’s no denying the fact we live in turbulent times. The surge in terrorism and cyberattacks, among other reasons, has led border authorities around the world to keep much tighter control over ports of entry. While border control is necessary, it’s definitely a nuisance. Even more so, it’s not just walking through security and X-raying...
facebook
Online threats are everywhere these days, and that means VPNs – virtual private networks – are becoming a necessity for all internet users. A good VPN masks your activity and helps you stay hidden online, protecting you from identity fraud, viruses, information harvesting, and even government surveillance. However, some ISPs, websites, and online services, including...
facebook
Table of contents Introduction Mobile phones and apps Streaming content and smart TVs Gaming consoles and online games Social media Cyberbullying Privacy and information security Viewing inappropriate content online Online predators Conclusion Introduction We see news stories about the impact of technology on our everyday lives all the time these days. Many of us started to...
facebook
Staying safe online is a priority for most users, and there are numerous actions you can take to achieve this. Antivirus software, VPNs, and firewalls work alongside user vigilance to cut the risks to privacy while surfing the web. But, one of the tools users rely on to support their vigilance is about to disappear....